So-net無料ブログ作成


1000万人の絵本ためしよみサイト|絵本ナビ

しごとをとりかえただんなさん―ノルウェーの昔話 [仕事と生活]

読み聞かせ時間 7分54秒
ウケ度 おもしろがっていました
印象度 旦那さんの使えない具合がチャップリンみたいだと思いました。

ある日仕事から帰った旦那さんが奥さんに「おまえは家にいられていいなあ」といいます。
陽気な奥さんは「では、仕事をとりかえましょう」と提案。
翌日二人は仕事を取り換えてみました。
奥さんは畑にでかけ、旦那さんは家で掃除をはじめます。
しかし、めんどりの声をきいて夕ご飯にパンケーキを作ろうとおもいたった旦那さんは、両手に卵をもってあるいているうちに箒につまづいて転んでしまい、鼻を打つし、卵は割れるしさんざん。
ではオートミールにしようとミルクに麦をいれてかき回しているうちに、リンゴ酒が飲みたくなって地下におりていきます。その間に猫がやってきてオートミールの入ったボウルを割ってしまい、ミルクをなめます。
あわてた旦那さんはリンゴ酒の栓をしないで台所に戻ってしまいます。リンゴ酒は全部地下室にでてしまいました。
旦那さんは今度は牛にエサをやっていないことを思い出し、牛小屋の上に草がはえていたので牛を屋根にのっけて草をたべさせます。ただし、牛がおちるといけないので、牛にロープを結びつけ、それを煙突から台所に通して自分の体に結びつけてしまいます。
そうしてオートミールを火にかけて床の掃除をしますが、こぼれたオートミールが箒にからみついてうまくいきません。
もたもたしている間に火にかけたオートミールが吹きこぼれて火が消えてしまい。火をつけようとしたとき牛が屋根からおちて旦那さんは煙突の中。
畑から戻った奥さんがみたものは、宙ぶらりんの牛と地下室にあふれたリンゴ酒、割れたボウルにオートミールのくっついた箒。牛のロープは奥さんが切ったので、旦那は煙突から落っこちて、オートミールの鍋の中。
翌日から二人は元の仕事にもどり、ときどきお互いの手伝いをするようになりました。


絵ははっきりした色でかわいらしい絵柄。
旦那さんがコントみたいに失敗している絵の隅っこで畑でバリバリ働いている奥さんが描いてあるのがおもしろかった。



しごとをとりかえただんなさん―ノルウェーの昔話

しごとをとりかえただんなさん―ノルウェーの昔話

  • 作者: ウィリアム・ウィースナー
  • 出版社/メーカー: 童話館出版
  • 発売日: 2007/07
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。