So-net無料ブログ作成


1000万人の絵本ためしよみサイト|絵本ナビ

かいじゅうたちのいるところ [ファンタジー]

読み聞かせ時間・・・16分52秒
ウケ度・・・男の子たちはわらっていました。
印象度・・・かいじゅうたちの絵が印象的。

マックスはおおかみのぬいぐるみを着て、家の壁に釘をうったり犬を追い回したり大騒ぎしたので、とうとう母さんに「この、かいじゅう!」と怒られて夕飯抜きで寝室にほうりこまれた。

すると寝室に木が生えてきて森や野原になった。マックスは大喜び。
そこに波がマックスの船を運んできたので、マックスはそれにのって航海した。
1年と1日でかいじゅうたちのいるところについた。
かいじゅうたちはスゴイ声でほえて、眼玉をギョロギョロさせて、爪をむきだしにした。
マックスはかいじゅうたちがうるさいのに腹をたてて「かいじゅうならしの魔法」を使った。かいじゅうたちはマックスを「こんなかいじゅう見たことない」といって王様にした。

マックスはかいじゅうたちと吠えて踊ったり木にぶらさがったり行進したりして遊んだ。
しかし「もうたくさんだ」といって、かいじゅうたちを夕ご飯抜きで眠らせた。
そうしたら、「やさしい誰かさんのところへかえりたくなった」ちょうど遠いところからおいしい匂いも漂ってきた。

マックスは「たべちゃうくらいお前が好き!」というかいじゅうたちを振り切って船にのって1年と1日かけて自分の寝室にもどった。
寝室には夕ご飯がおいてあって、まだ温かかった。

かいじゅうたちのいるところ

かいじゅうたちのいるところ

  • 作者: モーリス・センダック
  • 出版社/メーカー: 冨山房
  • 発売日: 1975/12/05
  • メディア: 大型本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。