So-net無料ブログ作成


1000万人の絵本ためしよみサイト|絵本ナビ

みんなのベロニカ [動物]

読み聞かせ時間 9分5秒
ウケ度 ふーんと聞いていました
印象度 なるほど。といういう感想です。

パンプキン農場にカバのベロニカがやってきました。
ベロニカは最初に農場をみたときかばにぴったりの農場だと思いました。
水浴びをする池や泥んこの岸、草が生えた原っぱがあったからです。

一方、農場の動物たち、牛や馬、羊や豚、鶏にアヒル、犬に猫、ヤギなどはベロニカをみて
農場向きじゃないと気に入りません。
翌日ベロニカがあいさつしても知らん顔。
しかたなくベロニカは池で一人で過ごします。

そうしているうちにベロニカはだんだん農場がかばにぴったりとは思わなくなり、
池に入っても楽しくなくなり、とうとう家からでてこなくなり、なにも食べなくなってしまいます。

農場の動物たちは、ベロニカは病気だと話あい、そのうちそれぞれが「ごちそう」と思う食べ物をベロニカに運ぶようになります。そして、ベロニカの反応を話し合って病気が治ってきたと喜ぶのです。

次にベロニカが現れたときには、みんなベロニカが大好きになっていて、口々によいところを褒めるのでした。
こうしてベロニカは元気を取り戻し、農場は最初に考えたよりも「かばにぴったり」だと思うようになったのでした。


それにしても、農場に「カバ」ってパンプキンさんはいったいなにを考えていたのかな。
この話は人間はでてきません。
どんなに環境がよくても、周りとの関係で居心地はかわってくるってことだよね。




みんなのベロニカ

みんなのベロニカ

  • 作者: ロジャー デュボアザン
  • 出版社/メーカー: 童話館出版
  • 発売日: 1997/06
  • メディア: 単行本



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。