So-net無料ブログ作成


1000万人の絵本ためしよみサイト|絵本ナビ

こぶたのプーと青いはた (子どもの文学・緑の原っぱシリーズ (5)) [動物]

読み聞かせ時間 長女が中学生のとき読んで15分くらい、母は5分半。
ウケ度 男の子は興味ももたなかっったようですね、中学女子はそれほどでもなかったです。
印象度 絵が割り箸けっずったような線でかかれていて、水彩でぼやあっと赤と青の色が塗ってあってシンプルできれいな本です。表紙の青い文字がきれい

こぶたのプーは、学校はすきだけど、体育はきらい。
月曜の体育はでんぐりかえりでしたが、プーは頭をつけたままうごけなくなるし
水曜の体育はボール投げでしたが、お弁当のことばかり考えていてボールを落としてしまいます。
友達もプーが体育が苦手なことを知っていて、ばかにします。

金曜日に体育は旗とり競争でした、赤と青にわかれて相手の陣地の奥にある旗をとって、自分の陣地に持ち帰れば勝ちです。ただし相手の陣地にいる間はつかまることがあり、つかまると牢屋にいれられて、仲間に助けてもらうまで出られません。
プーは足がおそいので、どちらのチームもほしがりません。あらいぐまのラグーンはプーを自分のチームにいれてくれました。

プーは自信がないので自分の陣地で牢屋の見張りをしていましたが、とうとう相手は「ふくろねずみ」、こちらはラグーンとプー二人だけになってしまいます。
ラグーンは自分がおとりになるから旗を取りにいくようにプーに支持します。
プーが旗をとるとふくろねずみはラグーンをすてて追いかけてきましたが、なんとか逃げ切り、作戦は大成功。

プーはみんなに褒められ、楽しくなります。
おもわず先生に「次の旗とりはいつですか?」ときいてしまうのでした。



こぶたのプーと青いはた (子どもの文学・緑の原っぱシリーズ (5))

こぶたのプーと青いはた (子どもの文学・緑の原っぱシリーズ (5))

  • 作者: カーラ・スティーブンズ
  • 出版社/メーカー: 童話館出版
  • 発売日: 2002/02
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。