So-net無料ブログ作成


1000万人の絵本ためしよみサイト|絵本ナビ

シートン (学習漫画 世界の伝記) [人]

読み聞かせ時間 小6小4男子、自分で読んで25分
ウケ度 最後までよんでいたし、熱心だったから面白かったんじゃないかな、内容についても話していたし
印象度 パートタイムな人だったのね。今でもこういう人いるよね

アーネスト・T・シートンは1860年イギリスのサウスシールズで、11番目の子どもとしてうまれました。
母親が丈夫な子供を産むため毎日海にはいっていて、おぼれかけたショックでうまれたとかいてありました。

父親は大きな船を10隻以上もつ貿易商で家は裕福でした。
しかし、船が海賊に襲われたり沈んだりして、事業がうまくいかなくなったため、父親はカナダで開拓民になることを決意、1866年一家はカナダのリンジー郊外の原生林に移り住みます。

小さいころからオオカミの話が大好きだったアーネストはここで、兄たちと大自然にかこまれのびのび育ちます。兄たちは母方の祖先の名高い狼猟師にあこがれてハンターになりたがっていました。

しかし、父母は森の暮らしになじめず、1870年には一家はトロントに移り、父は会計士の仕事につきます。
学校ではいじめられると、どんなに不利でも反撃して傷だらけになったり、先生が弱い者いじめをするのをみて批判する絵をかくなど、正義感が強く負けず嫌いだったようです。
負けず嫌いの性格から勉強も頑張ってクラスで1位になり、トロントの公立中学校の上位12名に選出されて2年間の奨学金つきでトロント大学の付属高校に合格。14歳でした。

高校にはいってからも、自然を愛し、よく郊外にでかけ、ネイティブ・アメリカンの生活にあこがれて高校の友達とネイティブ・アメリカンのグループを作って活動。家の下に穴をあけ、家を傾けて母親に怒られたりしたようです。また郊外に自分で家をたててそこでずっと自然に囲まれて暮らしたいなどと考えていました。しかし、この家はのちに燃やされてしまいます。

進路としては博物学を望んでいましたが、父親が食えないからも大反対。奨学金で大学に行こうとしますが、体を壊してしまい断念します。静養のため以前住んでいたリンジーの農場の近くの一家にお世話になり、健康を取り戻します。

トロントに戻ると、撃ち落とされた鳥をみて、絵の中でよみがえらせようと死骸を調べながら絵をかきあげたところ、父親がその絵をみて、画家になるように命令。
2年間肖像画のスタジオで手伝いをしながら、オンタリオ美術学校で学び最高成績をとり、父親にたのんでロンドンで本格的に絵を学ぶことにします。絵をかくもの好きだったので、本気で画家になるつもりだったようです。

父親から1年間の援助がうけれることになったアーネストはロンドンで美術の名門ロイヤル・アカデミーを受験。最初の年は落ちたものの翌年首尾よく合格しました。ロイヤル・アカデミーの特権でロンドン動物園に無料で入れるようになり、スケッチに通いつめます。
大英博物館にもスケッチに毎日通いましたが、そこに200万冊の博物学の本があることを知り、本来21歳からしか閲覧できないそこに19歳ではいるため、皇太子とカンタベリー大主教に手紙を書いて会員証を手に入れます。
昼は博物館で模写、夜は10時まで博物学の本を読み漁る生活が続きます。一方でお金がなく、食事は一日一枚のパンと1杯のミルクかコーヒー、服はボロボロ、おなかペコペコの生活が続きます。
学校では鳥の絵が2枚も優秀作と認められ、画廊に飾られるほどでした。
しかし、アーネストの生活を見かねた知り合いが母親に生活をしらせ、母親は手紙でアーネストを呼び戻します。

家で健康を取り戻したアーネストでしたが、21歳になったアーネストに父親はこれまでの養育費537ドル50セントを返すようにいいます。
シートンは挿絵画家として食べていくために売り込みに行き、仕事をしていましたが、兄がマニトバに誘い、家畜が高く売れるというので、シートンは家畜を買ってマニトバに向かいました。
父親にお金を返すのはまだあとでいいと思ったのです。
このとき車窓から一匹のオオカミが大勢の犬と戦っている姿をみて、のちに「ウィニペグ」の狼を書きました。

兄たちと開拓者の暮らしをしながら、フィールドノートをつけてのびのびと暮らしますが、父親が兄のところを訪れたとき、「まだ遊んでいるのか、借金はいつ返すのか」となじられ、ニューヨークで挿絵の画家として暮らすことを決意します。

ニューヨークについたシートンの所持金は2ドル70セント。公園のリスがクラッカーをもらうのをみて「リスになりたい」と思ったそう。
友人のつてで暮らすところを確保して、絵の売り込みを続け、印刷者で画家として定職に就きます。人生でサラリーマンだったのはこのときだけだそうです。
同時に作家として作品を発表。実体験に元づいた動物作家は初めてで、雑誌にたまにのるだけでしたが、評判は良かったようです。
しかし、大都会の生活では野生動物にあえず、なじめませんでした。
そんなとき、博物学者のメリアム博士から「アメリカ鳥類学連盟」に参加しないかとの誘いがきて、カナダに帰ることを決意。
帰り道でメリアム博士を訪ね、絵の注文をうけたり、博士のつてでトロント博物学会で講演したりしました。シートンの評価は高かったようです。研究チームの探検隊に選ばれたりしましたが、マニトバまで知らせが届くのが遅く参加できませんでした。

マニトバでは沼でおぼれかけたり、美しいヘラジカを仕留めた後、深い後悔に襲われるなど、のちに本になる貴重な体験をしました。
両親のもとに戻り、鳥類の研究をまとめようとしますが、父親が「25歳ににもなって、売れない本ばかり書いてぶらぶらしている」となじり、再びニューヨークで働くことにします。今度は働いてお金を貯めたら西部に戻る決意をしていました。
スケッチをセンチュリー・マガジンに持ち込んで首尾よく5000ドルの仕事をみつけ、仕事を終えるとメリアム博士あらがアメリカ自然史博物館の専属画家に誘ってくれたのにもかかわらず、西部に戻ってしまいます。

1886年カナダ西部で大自然に囲まれて暮らし、ネイティブ・アメリカンらと友人になったりしていましたが、関節炎で歩けなくなり、兄のジョゼフが始めたオンタリオ湖のほとりの自然公園の管理人になってはたらきました。しかし経営がうまくいかず、売られることになります。

アーネストも新しい生活をもとめて、画家として成功するためにパリにわたることを決意。父親に借金の残金を返すと、パリのジュリアンズ・アカデミーに入学します。
オオカミの絵でグランド・サロンに入選してよいスタートを切りますが、写実性をもとめるあまり、本物の骨を公園にまいてスケッチして警官に人殺し呼ばわりされたりします。しかし写実性がありすぎてうけず、グランド・サロンでは落選が続きました。一方でこのとき調べたことをもとに本を書いて出版しています。
しかし作品を評価する人はいて、のちのアメリカ大統領セオドア・ルーズベルトもシートンの狼の絵のスケッチを買っています。

このころパーティであったニューメキシコの農場主から頭のいいオオカミロボの話をきき、何か月もかけて捕まえました。このときの体験をもとにしたのが「コランボーの王」という本です。

フランスへ帰る船の中でグレイス・ギャラティンと知り合い、1896年結婚。これまでの動物物語をまとめ、のちに「シートン動物記」といわれるシリーズが出版され、すばらしい挿絵とリアルな内容がうけて人気シリーズとなり、講演をたのまれるようになります。こちらも評判となり、敏腕マネーシャーj・ポンドと組んで1年5か月の講演旅行を行い、これがさらに本の売り上げをおしあげ、シートンは莫大な収入を得ます。

1900年ニューヨーク郊外に広大な土地を手に入れます。
子どものころからの夢がかない、自然の中で動物と暮らす生活を手にいれたのです。

しかし、近所の子どもたちのいたずらが激しかったので、シートンは学校に出向き、子どもたちを金曜日に学校が終わってから月曜日に学校がはじまるまで自分の土地に招待しました。持ってくるのは古毛布2枚。ここでキャンプを重ね、次第に隊長が決まり子供たちは責任感と勇気を持ち、集団生活をするようになります。のちにボーイスカウトに発展。1910年シートンはアメリカ・ボーイスカウト初代団長をつとめました。

有名になってからは、フォードから渡り鳥の保護をもちかけられ、活動したりしました。
一方で学位のないシートンを揶揄する声もあり、ルーズベルトの勧めで学問的な本を書くことにします。このために北極に7か月の探検旅行にでかけ、この調査研究をもとに学問的な本を書き、博物学の賞や、バローズ・メダルとエリオット・ゴールドメダルを受賞します。

その後も講演で町の近くに小さな保護区をつくることを提案。共感する人々の力で実現していきました。
1930年シートンは家を売り払い、ニューメキシコ州サンタフェ近くに広大な未開な土地を購入。そこで1946年10月23日86年の生涯を閉じ、遺言通り灰が飛行機から敷地にまかれました。



シートン (学習漫画 世界の伝記) (集英社版学習漫画 世界の伝記)

シートン (学習漫画 世界の伝記) (集英社版学習漫画 世界の伝記)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2003/09/26
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。