So-net無料ブログ作成


1000万人の絵本ためしよみサイト|絵本ナビ

あたし、ねむれないの (ベックマンの絵本) [生活]

読み聞かせ時間 4分13秒
ウケ度 まあまあ(途中でおちがわかったらしい)
印象度 女の子のほっぺがかわいい。あとベッドと床のカーペットしか書かれていないんだけど、カーペットの表情がおもしろい

リーセンは夜ベットの中で眠れません。お母さんに「眠れないから、お人形をもってきて」というと「自分でとっておいで」といわれます。
リーセンがお人形をもってくると人形が「くまがいないと僕は眠れない」といいます。リーセンはくまをもってきます。
するとくまが、「いぬがいないと、お人形も僕も眠れない」というので、リーセンは犬をつけれきます。
その後 猫、うさぎ、操り人形、ライオン、アヒルと続き、最後にアヒルが「ボールをもってきて」といいます。
リーセンはボールをベッドになげて乗っけます。するとみんなスヤスヤ眠りだしました。
でも、ベッドがいっぱいでリーセンの眠るところがありません。
リーセンがお母さんを呼ぶと、お母さんは人形だけを残して皆をつれていってくれたので、リーセンはようやく眠ることができたのでした。

最後のページは、ベッドから降ろされたみんなが、四角く並べられて真ん中に毛布が掛かっている絵でおわります。


あたし、ねむれないの (ベックマンの絵本)

あたし、ねむれないの (ベックマンの絵本)

  • 作者: カイ=ベックマン
  • 出版社/メーカー: 偕成社
  • 発売日: 1977/04
  • メディア: 大型本



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。