So-net無料ブログ作成


1000万人の絵本ためしよみサイト|絵本ナビ

ぼく、あぶらぜみ(かがくのとも2004年8月号) [科学]

あぶらぜみの一生が切り絵の絵で紹介されています。あぶらぜみは木にたまごを生むのですが、孵るとすぐ土の中にもぐりこみ、5年も土のなかにいるのだそうです。その時間の長さを比較するためだと思いますが、絵のなかには赤ちゃんが歩き出して幼児になり、虫取り網をもって走り回るところも描かれています。
なぜか長男も5歳のときにこれがお気に入りだったのですが、次男も5歳の今、よくもってきます。「今年鳴いているあぶらぜみは、○○が生まれた歳に生まれたあぶらぜみなんだね。でももう、しんじゃうんだね」の一言がきいているのかな?
ちなみにあぶらぜみは成虫になったら2週間で死んでしまうそうです。はかないなあ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。