So-net無料ブログ作成


1000万人の絵本ためしよみサイト|絵本ナビ

はしれかもつたちのぎょうれつ [乗り物]

北京オリンピックをみたりしていて、しばらくさぼっていた本読みですが、また少しはじめています。

なにもないレールが続いたあと、貨物がでてきます。貨物は一つ一つ色がちがっていて、タンクだったり、はこだったり、中に車掌さんがいるとか、牛や馬がいるとかかいてあったりもしますが、中身は絵になっていません。先頭の機関車まで紹介されたら、次のページでは「ぎょうれつが はしる」とあってすごいスピードで走っているのを感じさせる絵があります。その後背景が町になったり、鉄橋になったり、トンネルになったり、昼になったり夜になったりして、最後のページは「とうとう ぎょうれつは みえなくなっちゃった。」と機関車の煙とレールだけになってしまいます。

年長の次男は好きで、列車系の絵本のなかでは今一番もってきます。
列車に集中してあとはイマジネーションで補うというとっても楽しい絵本だと思います。ストーリーとしてのおもしろさはないから、男の子むきかなあ。


はしれかもつたちのぎょうれつ (評論社の児童図書館・絵本の部屋)

はしれかもつたちのぎょうれつ (評論社の児童図書館・絵本の部屋)

  • 作者: ドナルド・クリューズ
  • 出版社/メーカー: 評論社
  • 発売日: 1980/01
  • メディア: -



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。