So-net無料ブログ作成


1000万人の絵本ためしよみサイト|絵本ナビ

マリールイズいえでする [生活]

1年で10回くらいは読みます。
マングースのマリールイズはある日悪い子になって、おかあさんにおしりをぶたれます。怒ったマリールイズはいえでして、新しいかあさんをさがすのですが、なかなかみつかりません。魔法使いに「どこにいったら新しいとうさんかかあさんがみつかるか教えて」と頼むと、「今、ここにこどもをさがしてくれというご婦人がきたよ」とのこと。大急ぎでおいかけると自分のかあさんで、二人は仲良く家にかえるのでした。
マリールイズの考えることって、本当こどもってこうだよなあとおもうことばかり。著者がこどもをよくしっているんでしょうね。私はマリールイズの母さんのセリフがすきで「かあさんも家出してきたの、うちにいても世話をやいたりかわいがったりするこどもがいないんですもの。」だいたいこんなセリフでしたが、もしこどもがいなくなったらこんな気持ちになるんだろうなと共感してしまいます。

マリールイズいえでする

マリールイズいえでする

  • 作者: ホセ アルエゴ
  • 出版社/メーカー: 童話館出版
  • 発売日: 1996/09
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。